MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 残る対策は2

残る対策は2

2020.03.28 | Category: 院長ブログ

健康になるジグソーパズルのピースはまだまだ有ります。先ずは「鼻毛」です。私も鼻毛には気を使いますがオヤジなので出ているかも。話相手の鼻から鼻毛が出ていると話に集中出来無かった経験って有りませんか?だから鼻毛を処理してしまいますが鼻毛は偉いんです。葛藤が有りますけど雑菌が入らないように存在しているので伸ばせる人は伸ばして下さい。次は「鼻水」です。海外では日本人の最も嫌われるランキングの最上位に君臨する行為が「鼻水を吸う」です。多くの日本人は「たまに」を含めれば自然にやった事が経験上、一度くらい有るでしょう。しかし海外では最も嫌われる行為ですし今は鼻水の中に新型コロナウイルスでは無くてもウイルスや細菌が混入していますから可能で有ればティッシュに出して下さい。次は「肌荒れ」からの「掻きむしり」です。皮膚はバリアですから「手洗い」の後の保湿でも投稿しましたけどバリアの破壊はウイルス感染を手助けする行為です。注意して下さい。そして風邪予防の時に繰り返し訴えている「首を温める」「背中を温める」です。日中は首のケアだけで結構です。また少しの寒気、ダルさ、喉の痛みが無ければ背中に温湿布は無用ですが、普段と少し違う感じが有れば使用することを勧めます。過保護過ぎるのは身体を弱めますが、日頃から運動をしない人が急に運動をして免疫力を弱めて風邪を引くケースに結構出会います。慣れないことは今は止めて身体のケアに努めて嵐が過ぎ去った後から徐々に努力しましょう。全く話は変わりますが、何気無くジグソーパズルのピースと伝えていましたけど「ピース=平和」ですから良いですよね。その平和が過ぎると「平和ボケ」になりますけど日本国民は今回のウイルス感染を少し甘く考え過ぎかもしれません。勿論私も「必要以上に怖がることはない」と伝えてきました。しかし花見の中止を訴えても「大丈夫だから」とかイベントもチラホラ開催されています。これは二次的三次的被害まで予測出来ていない証です。健康も経済的にも若者が「自分たちは大丈夫」と考えていますけど健康的には軽い症状だとしても今回の感染症、回り回って経済的損失に直面して自分たちも何れ苦しむ立場になることを考えた行動をして欲しいものです。また多くの若者は大型連休ともなれば海外への旅行をします。しかし今後は下手をすると何年間も海外旅行は低い推移しか考えられないかも。「そんな筈は」と考えているかもしれませんけど海外は本当にヤバいです。とりあえず日本国内だけでも「完全終息宣言」が1日も早く発表されるように日本国民が一致団結して目的遂行に邁進しましょう!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三