MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 男と女の話 3

男と女の話 3

2016.04.28 | Category: 院長ブログ

ライオンや猿は有名ですがボスが代わるとハーレムに居る、前のボスの子供は全て殺されます。それは自分の遺伝子ではないからです。ヒトの世界では母子家庭に男が転がり込んで連れ合いの子供を殺してしまう出来事がニュースになる事も。動物なら分かりますがヒトには理性が有り相手に子供が居ると納得の筈なのに殺してしまう事も有ります。たまにヒョウが子猫を育ててニュースになる事が有りますけど、例えば犬が猫を育てるなど違う子供を育てるには妊娠、出産を経て無い場合には常識的に母乳は出ません。しかし種を越えて本当に可愛いと思うと愛情ホルモンの『オキシトシン』が脳内に出て授乳出来てしまうのです。実に素晴らしい(by福山雅治)。ヒトの子殺しは動物以下の諸行、情けない!動物園で出産した動物が子育てを放棄して飼育員が代わりに育てる話が有りますけど動物園はどれだけ環境を整えても自然ではありません。結果として正常な脳の発達が出来ない為に愛情ホルモンが不足して子育てしない。当然と言えば当然。動物に罪はない。動物園は大好きですし勿論動物も大好きですが、動物園は自然ではありません。ヒトも同じで愛情を沢山受け取ってない子供は親になった時に子育て出来ないケースが出てきます。以前投稿しましたが、離婚した家庭の子供は離婚しやすいように思えます。コレは思い込みかもしれませんが周囲の数少ない離婚経験者の親御さんが離婚しているケースが多いのは事実です。芸能界も該当する人々は居ますが特別な世界なので参考にならないかなぁ。つづく

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三