MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 夏の腸不調

夏の腸不調

2016.08.21 | Category: 院長ブログ

下手な洒落(シャレ)じゃ無いですが夏は腸が不調になりやすいです。条件が揃い過ぎているんですよ。単純に『暑いから冷やす。それも内側から外側から』と。何度も書いているように夏の食べ物は身体を冷やす。にも関わらず『わざわざ冷やす』から腸にとっては冷え冷えになり『腸の血管はギュッと縮まる』から正常に働かない=食べ物は未消化(吸収出来ないからエネルギー不足でダルい)状態で通過=下痢になります。また食事前と食事中には水分摂取が多くなり消化液が薄くなり、やはり未消化に。暑いから薄着でエアコン、扇風機、窓を開けたまま就寝して腹を冷して腸を不調に。『私は便秘だから下痢くらいが理想なの』と訳の分からない事を言っている方がみえますが大間違い。下痢も便秘も腸が悪い事には変わりは有りません。更に腸の働きを悪化させます。忘れてはいけないのが食中毒です。酷ければ重病になりますが軽いと気が付きません。『夏になると何となく体調不良』と思っている人は食品だけでなく食器にも注意を払って下さい。上記の逆の日常生活を心掛けて下さい。春夏秋冬、体内は常に同じ条件を必要としています。体調不良になり夏バテとなり体力の有る若い人なら秋口『夏の疲れがとれない』くらいで済みますが高齢者は命取り。『木の芽、枯れ時』に繋がります。『雷様にヘソを採られる』とは雷の鳴る前に特有の冷たい風が吹いて腹を冷さないようにさせる為の知恵ですね。全快堂では夏の方が腹巻きがよく売れます。上記の理由と薄い腹巻きが人気のようです。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三