MENU TEL

Blog記事一覧 > 院長ブログ > 議員定数削減案

議員定数削減案

2016.09.22 | Category: 院長ブログ

議員の不正が止まらない。それは富山市議の件だけで無く、ずっと以前からの問題です。そこで画期的な提案が有ります。『富山市議の不正問題』で9名辞職で1.2億円の補欠選挙費用が必要らしいけど、この際いっその事不正を行った9名分の議員定数削減をしたらどうでしょう?そして全国に『国会議員から市町村の議員まで不正を行ったら、その人数分の議員定数を減らし再選挙は行わない』という法律の制定迄、漕ぎ着ければ今回の不正問題は有意義な事件として以後、称賛されると思います。それに反対する国会議員は『今後、不正を働く危険が有る』または『自分が過去に行った不正が発覚する危険が有る』のどちらかの可能性が高い訳です。もう1つ考えられるのは『他の国会議員が信じられない』パターンも有ります。そして不正を働いた議員によって減らされた地区は隣の選挙区と合併して選挙を行います。すると全国の各選挙区の有権者も『自分の選挙区から不正な議員が出れば隣の選挙区と合併される』という事で利益誘導型選挙の色濃い現状から『真面目な政治家を選ばなくては』と選挙民も真剣に考え投票率もアップすると思います。それでこそ選挙本来の姿だと思います。議員は衿を正さなければ自ら職を失うと同時に選挙区に多大な迷惑を与える事になる為に政治家としての行動に身が入る訳です。国民は悪い政治家が減り税金の節約になり国が良くなって行くという最高のシナリオです。重罪を犯しても選挙で勝てば『御祓(ミソギ)は終わりました』と国民を馬鹿にする政治家の顔も見なくて済みます。誰かやってちょっ!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三