MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2017 1月の記事一覧

ゴミの漂着

2017.01.31 | Category: 院長ブログ

九州出身の患者様と話していたらゴミの漂着の話になりました。先に話しておきたい事が有ります。私は中国や韓国が嫌いではありません。先日の投稿で誤解をされる方もみえたようなので断っておきます。中国や韓国の友人もいますから、決して彼等は悪い人ではありません。ただし特に最近の行動で国としての考え方は嫌いです。では本題に入りますが九州地方の海岸には非常に多くのハングル文字や中国語の書かれたゴミの漂着が激しいらしいです。海岸を清掃しても直ぐにゴミだらけになるそうです。両国とも上下水道の設備さえも完全には整っていませんしゴミのポイ捨てが目立つらしいので先ずは各々自国でしっかりした法整備と設備を整えて欲しいものです。地球はみんなの物ですから。このような発言をすると『日本だって過去に』と言われる国が有りますが、だからって『いつまでも地球を汚していいのですか?』と聞きたくなります。責めているのではないので感情的にならずに冷静に対応して欲しいものです。被害を受けるのは主に海洋動物です。海岸を含めて何処の海でも綺麗な方がいいですもんね。

食養と食療

2017.01.30 | Category: 院長ブログ

食事に注意して養生する、どちらかというと予防的な考え方を『食養』。食事を治療にまで高めて食事療法と考える事を『食療』と私は考えています。治療家仲間にでさえ言葉の遊びのように思われて気にもされません。しかし私は大真面目です。今更言う迄も無く食事は大事です。私達の身体は毎日の食事で出来上がっています。『人に良い』と書いて『食』という漢字が出来ています。だからこそ私は毎回必ず全員の患者様に食事のチェックをして何が多過ぎたのか、または足りないのかを注意しています。血液検査や尿検査、CTやMRI等の検査機器を使っている訳では無いので『絶対』で無い事は患者様が理解してくれていますし東洋的な考え方ですので器から溢れ無ければ良いのであって逆に溢れる迄は食べなければいけないと指導しています。でも良くないのは、多くの患者様が週一回のペースで治療に来ているので治療の日が『思いっきり甘いもの、油(脂)物、冷たい物やアルコールを飲食する日』となっている事です。だから患者様には『私に分からなければ良いって事じゃないでしょう?』って言うのですが患者様からは『悪い物を週一回だけにする事って良くない?』って言われると私も言い返せません。とにかく何でもホドホドにしましょうね。

やっぱりねぇ~

2017.01.29 | Category: 院長ブログ

今Amazonで品切れ状態になっている椅子が有ります。ゲーマーが長時間ゲームをしていても疲れ難いと大好評だとか。何度も投稿してますが私も椅子のアイデアが有ると投稿しました。頭痛、肩凝り、腰痛、手の痺れ等々が予防出来る疲れ難い椅子を治療家の立場から考えましたと。需要は有るのです。私の取り分は全ての経費を差し引いた純利益の3%で結構です(少し生臭い話ですね)。その内の1%は寄付するので寄付してくれるなら2%で結構ですから一緒に起業しませんか?『一人でもやればいいのに』と言われても私には資金力も時間も有りません。有るのは無駄な贅肉と体力だけですから。陥没で特に有名になった福岡市の市長なら積極的だから、やりそうなんだけどなぁ。豊明市とか緑区とかじゃ望み薄で動きそうも無いよなぁ。もしも公共事業として動けば、その利益で地域が潤い住民が増えれば更なる発展が望めるのに勿体無い。法律的には難しいから『夢物語』かぁ。夢は見る物って訳かぁ。でも行動した者だけが得る事が出来る。よ~し、さぁ立ち上がろう!(立ち上がったら座りましょう)。

文楽

2017.01.28 | Category: 院長ブログ

平成16年から来られている患者様が長年、中心人物として活躍されてる文楽の団体が、この度『ユネスコ登録』されました。驚く事に85歳なのですが非常に元気で活動的で全くじっとしていません。メンバーの稽古から講演手配、新しい物語の創作と、それに関する取材もします。大阪を始め全国各地の文楽を見に行ったり104歳の御姉様の見舞いは欠かさず行かれ、少しでも時間が空けば畑を耕し、そのパワフルさは元気に自信が有る『遥かに若い私』が負けを認める数少ない人の一人です。本当に頑張っている人なのでユネスコ登録は大変喜ばしい事だと思っていましたが内情は『そうでもない』と知りました。それどころか話を聞いていると私なら逆に『迷惑かも』と思える事も知りました。ユネスコ登録となると今まで見向きもしなかった人々が集まり始めます。しかし登録されても金が入る訳ではなく極端な話『名誉』だけ。唯一補助金をカットされる事が決定していたのが一転『存続』になったのですが、その補助金もスズメの涙らしいですから三味線が破れても自腹とか必要な事の殆んどが持ち出しとの事。にも関わらず今まで以上にアッチ、コッチに引っ張り出されて、今度は名駅に呼び出されても支給されるのは2万円。『あれっいいじゃない』と思ったら20人分の交通費とか。凄い荷物の為にバスをチャーターして運んでもらえば昼飯代なんか出ない。また他の日は何時間も続く会議に御茶一杯がせいぜいで交通費も弁当代も一切出ないなんてザラ。こうなれば有名に成らなかった方が良かったのかも。現在存続しているのは、やっている人々の熱意が有ればこそ。各地の文楽が衰退する原因の一つは、やはり資金不足で、後継者不足で立ち行かなくなっている団体も。ユネスコ登録が現状を打破する起爆剤に発展するのか。今後の展開に期待。

 

新生児の頭の形

2017.01.27 | Category: 院長ブログ

6ヶ月の赤ちゃんのお母さんに相談されました。『この子の頭の形が気になります』と。片方ばかり見て頭の形が左右非対称になってしまっているのが非常に気になっているのです。それを姑さんに相談すると枕やクッションを使って『向き易い側は見れないようにすれば良い』と言われたそうです。しかし彼女はクッションでの窒息が心配なのと、赤ちゃんが反対側を向きたいと泣くのが気になるとの事でした。そもそも赤ちゃんは非常に賢く、また勉強好きです。『明るい側、音がする方向、人が居る気配』を察知して、その方向の情報収集しようとします。それを利用して向き難い方向を向きたがる側にすれば赤ちゃんの方から向くようになると教えました。また本能を使う方法も有ります。人は『低い方向=落ちてしまう』と考えて高い方向に寝返りをしようとします。ですから少しだけベビーベッドの向き難い側を高くすると良いと教えました。『さっそくやってみます』と喜んで帰って行きました。しかし私だけかも知れませんが女性には勝てません。彼女の首、肩、腰のコリは尋常ではありませんでした。子育ては重労働だという事を改めて感じました。『原始、実に女性は太陽であった』(by平塚らいてう)。最後に頭の形で後頭部を『絶壁』とイジメられては可哀想と相談を受けますが難しい問題が有ります。何故なら絶壁は遺伝的な要素が多分に有るからです。しかし少しでも上の方法を駆使して旦那様やお祖父様が絶壁傾向の場合は早めから注意してあげて下さいませ。

寺の階段

2017.01.26 | Category: 院長ブログ

寺には必ずと言って良い程『階段』が有ります。学校にも階段が有ります。これを寺だけに『寺の怪談』と言います(アホかっ)。話を戻して臀部と大腿の筋肉は他の部位に比べて我慢が足りない、直ぐに泣き事を言います=疲れ易いです。だから『楽をしたい、座りたい』とか『階段を登りたくない』となります。筋肉は以前書いたように72時間で落ちてきます。『老化は脚から』とはこの事です。寝たきりの最大原因は脚が衰えて転倒して骨折して動けなくなるパターンです。高齢者の希望は全員『ピンコロ』と言われています。『ピンピンと動けるくらい元気で亡くなる時はコロっと逝く』のが理想と考えています。その為には脚が丈夫でなければいけません。だから駅の階段もショッピングモールの階段も嫌がらずピンコロの為に必要と思って寺の階段も修行と思って登って下さい。その階段の延長線上に極楽浄土が在るのです。70歳以上は3日寝たら認知症の入り口に立ちます。認知症予防の為にも脚を鍛えましょう。『脚が痛くて、膝が痛くて階段登れませんか?いい治療院教えますよ』(だからアホかっ)。これから『ピンコロ教』創ろうかなぁ。坊主丸儲けって宗教法人は儲かるって本当らしいから。全快堂の屋号ならどちらでも行けそう(笑)

アパホテル

2017.01.25 | Category: 院長ブログ

今回の内容は賛否両論有ると思いますし間違っているかも知れません。しかし私が知る範囲で投稿させて頂きます。『アパホテルに置いて有るという本』についての内容です。高須院長のように直ぐに行って泊まって問題の本を読んでブログ投稿出来れば真実や自身が感じた事を投稿出来ますけど私には到底不可能です。しかし現在の日本に於て異なった報道機関が異なった情報源から引っ張ってきた内容なら某国よりは信憑性が有ると思います。南京大虐殺に関して書いてある本をアパホテルが置いて、その内容が虐殺に否定的だそうです。先ず大虐殺の有無を論じる以前に自分達の主義主張や要求が通らないとサイバー攻撃をするのは、まるで幼子が欲しい物を買ってもらえず泣き喚いているのと変わり無い愚かな行為と同じで賛成出来ないです。何でも数や力、金や権力でのゴリ押しは見ていて気持ちのいいものではありません。貧乏人の僻みでしょうか?そもそも従軍慰安婦問題も南京大虐殺も日本人が言い出した(少なくとも従軍慰安婦問題は朝日新聞)という説が有ります。南京大虐殺は新聞に欧米特派員が書いた小さな記事に『南京で殺害事件が有った模様』と掲載され確かに日本軍により殺された中国人はいたらしいが中国自体が混乱期で国民党と共産党の内乱の犠牲者も全て日本軍の仕業とされたとも聞きました。しかしコレこそ真実は確めようがありません。また犠牲者数も年々増え30万人になっていますが南京の人口が当事20万人という事を考えると私は信じられません。そして南京大虐殺の悲惨さを紹介する展示写真が合成や明らかに違うただ悲惨な写真等を展示して有る時点で信憑性が疑われます。また初期に行った人の話によると展示資料に記載されていた死亡者数が資料によって異なっていて現在に至る迄、ずっと増え続け現在の30万人に統一されたらしいです。ただ日本軍が人数は定かではありませんが大陸に於て多大な御迷惑をお掛けした事は事実です。それは日本人は知らなければなりません。だから日本人は二度と世界に迷惑を掛けてはいけないと反省しているのです。過去は取り戻せませんから。しかし中国も韓国も日本が他国の事を騒がない事をいい事に発言、行動がエスカレートしています。日本人は自分が悪い事を棚に上げて他人の悪口を言う事は良くないと考えます。でも世界的には主張するべき事はしっかり主張しないと認めた事になります。政府の方針には賛成出来ない点が多々有りますけど今回の韓国駐日大使の対応は意思をハッキリさせない日本人としては珍しく私は支持します。最後に韓国はベトナム戦争に於て多数の韓国とベトナムのハーフを誕生させています。ベトナムに現在も数多く生活していますから、これ程ハッキリした証拠は有りませんよね。また現在の韓国軍事基地の周辺には風俗の店が多数有ると聞きます(事実で無ければスイマセン)。また中国は現在もチベットで行っている行為は如何なものか考えさせられます。最近の世界は他国を打ち負かす傾向に有ります。だからこそ各々の国が反省して少しでも仲良くする未来思考にするべきではないでしょうか。久々に熱くなってしまって長文スイマセン。P.S.アパホテルに中国の旅行客が泊まらないから、ゆったり泊まれるとビジネスマンや台湾の方々が喜んでいるそうです。捨てる神あれば拾う神ありってか?

エアー縄跳び

2017.01.24 | Category: 院長ブログ

患者様にエアー縄跳びを薦めています。実際に縄跳びが出来る人は良いですが縄跳びをすると膝には体重の5倍近い荷重が加わります。だから跳ぶ真似で足裏は床から離さずに膝の曲げ伸ばしをしてリズミカルに動かします。最初はゆっくりで構いません。出来る人は徐々に早く本当に跳んでるかのようにして下さい。膝痛と腰痛の改善、ダイエットに、ロコモティブシンドローム予防に、そして生活習慣病予防と改善に最適です。一つだけ注意する事が有ります。『やり過ぎに注意』です。「ああ、このくらいなら出来る」と無理しない事です。少し物足りないくらいで止めて下さい。しかし末永く続けて下さい。乗ってきたら音楽をかけてやってみてちょっ!

高山病

2017.01.23 | Category: 院長ブログ

学生時代に乗鞍岳に夏スキーに行った事が有りました。その時に高山病になりました。酷い頭痛と眩暈(めまい)に襲われました。スキーと言ってもシーズンオフでリフトが動く筈も無く、自分で滑っては板を担いで登って、滑って担いで登っての繰り返しですが体力には自信が有りましたから軽い気持ちで行きました。前夜は飲み会で多量のアルコールを飲み一睡もしないで先輩の車で向かいました。寝不足、二日酔いと空気が薄いのにスキーを担いで何度も繰り返し登った事は高山病を酷くした要因である事は間違いありません。しかし最大の理由はもっと以前から有った事を今なら分かります。夏の高温期に連日の部活で軽い脱水症状が有りました。更に利尿を助長する飲酒、またアルコール分解する時にも水分が必要なので水分不足に拍車がかかります。数本滑ると喉が渇きましたが売店や自販機さえ周囲には有りませんから我慢して滑ってました。そこで身体は抗利尿ホルモンを出して水分を保持しようとします。皆さんはトンネルに入ったり高層ビルのエレベーターに乗ると耳が塞いだようになった経験が有ると思います。気圧の変化は耳に影響を与えます。乗鞍岳の山頂付近は平地に比べれば気圧が低くバソプレッシンの影響が内耳の蝸牛(かぎゅう)に水を過剰に溜めさせてしまいます。コレが眩暈を発症させ酸素も少し薄いので頭痛の原因となります。若気の至りとは申せ無茶はいけませんね。逆に言うなら患者様にいつも言っているように『こまめに少しずつ水分補給する』事をすれば高山病になり難く予防出来ます。勿論、睡眠不足や過労、多量の飲酒は高山病に限らず駄目です。

ブレイクタイム6

2017.01.22 | Category: 院長ブログ

最近めっきり無くなってしまったと苦情が寄せられるブレイクタイム。真面目な話ばかりでは無く『全く読まなくて良い日』が有ってもいいと『たま~に』有るんですよ、こんな日が。その前に昨日のブログで過去に遡る方法が分からないと言われたので「院長ブログの緑色の字」をクリックして頂くとブログのみ纏めて読めますので。今回は私の大好きな番組紹介。時間帯(土曜深夜)に問題があるとは思いますけどCBC制作の『本能Z』です。とても面白い番組なので視ている患者様も多いと思いますが知らない方は録画してでも良いので是非一度視て下さい。そういえば昨今は『テレビ離れ』と言われますが録画して視るとか携帯等で視るとか幅広い視聴方法があり視聴率が低下して『テレビ離れ』と言われていますが全てを集計すると極端な視聴率低下は無かったらしいです。やっぱり面白い番組はみんな視たいですもんね。それと映画はTSUTAYA準新作『サウスポー』観ました。面白かったです。「いや~映画って本当に良いですねぇ。ではまた、さよならさよなら」さよなら~さよなら~さよなら~ああ、もうすぐ外はしろ~い冬~。もう滅茶苦茶!

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三