MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 院長ブログの記事一覧

次の一手

2021.09.21 | Category: 院長ブログ

突然投稿を止めてハッキリ結論を言わない現在の私の行動は私自身が最も嫌うことです。しかし現実に私は今それをやっていてまだ何も言えません、本当に申し訳ございません。その日が来たら必ず発表させて頂きますのでお許し下さい。とりあえず現在最も問題で皆様の正常な生活を止めているのはCOVID-19の広がりです。それに対して偉そうには言えませんけど少なくとも現時点まで、一昨日は国府宮の患者様、昨日は田原と愛知県広範囲から数多くの患者様が来院して頂いておりますけど常に来ている患者様は誰もコロナ感染者が居ません。先日唯一月1の時や多くて2回の不定期で来ていた患者様が、来たことの無い介護施設利用の旦那様から感染したと聞きました。しかし奥様は軽症だったらようで回復してからも1ヶ月以上の期間を空けての来院でしたから安心しました。ですから毎週や月2回キッチリ定期的に治療している患者様誰一人として感染していない記録は更新中で裏を返せば、全快堂の治療+腸による免疫力強化+自律神経を整えることがCOVID-19に打ち勝つことになると益々自信を深めています。しかしながら『過信は禁物』ですから基本である感染症対策を繰り返しながら生活習慣に注意は当然です。皆様も終息宣言が出る?その日まで共に頑張りましょう!次回の投稿は『オナラ』について9月25日にしますので是非読んで下さい。P.S.23日いつも通り祝日営業(午前8時~12時)致します。

踏ん切り

2021.09.16 | Category: 院長ブログ

考えていても出来ないことって有りませんか?そんな時に背中を押されたように急に事が運ぶ場面に遭遇しています。ずっと考えていて頭では動かないと手遅れになると分かってはいても重い腰が上がらない時に、何かの力に導かれたように急に。大きなことが二つ有って一つは近いうちに伝えれますが、もう一つは事が起こってからしか言えませんので許して下さい。決して勿体ぶっているのではありませんからお許し下さい。それに伴って今でも忙しいのに年末年始に向かい非常に忙しくなりますから「あと5回で2000回」を迎える全快堂ブログですが暫くの間は毎日投稿も出来ず内容も量も今まで以上にスカスカ投稿となりますが御容赦下さい。最後に「私は今後も今まで以上に皆様の生命を守る為に最良の行動する」と信じて下さいね。

風邪注意報

2021.09.15 | Category: 院長ブログ

今年は風邪気味の人が多いです。2年ほどに渡りCOVID-19に振り回された結果、誰もが消毒・手洗い・マスク着用と風邪が流行る気配さえありませんでした。それが今年のヤバい状況を招きそうな予感が有ります。メディアを通じて某ドクターが3つの気温差についてコメントしていましたけど、私は気温差だけで無く+2の5つの危険性を指摘します。少しずつ感染者数が減ってきた心の緩み+1日の寒暖差+前日との寒暖差+室内外の温度差+生活習慣(主に体内時計)の乱れによる自律神経機能低下がコロナ禍の体調不良を引き起こし風邪症状に陥ってしまうと考えています。脈診すると睡眠不足の人の多いことに驚かされます。正確にいえば睡眠が浅いのです。前述の生活習慣の乱れから体内時計が狂ってしまい自律神経が乱れ深い睡眠が出来なくなっています。「あ~よく寝たなぁ」なんて最近感じていますか?これから訪れる秋冬の「陰」の季節に自然界では『冬眠』が有るように睡眠が充実する季節なのに逆行して睡眠負債が募る日々を過ごすと精神的な不調になり、何をやっても面白く無い『鬱(うつ)病』に陥ってしまう可能性が有ります。体内時計を乱さず自律神経を整え寝る直前までのブルーライトを避けて眠って下さい。そうしないと免疫低下になりCOVID-19の餌食になりますよ。常に腸活をして腹巻き足先靴下と首筋の防寒も忘れずに!

官僚を選べ

2021.09.14 | Category: 院長ブログ

先日『スターリン』について投稿しました。そして『日韓関係』についても投稿しました。嫌な予感って当たります。ロシアのプーチン大統領が第二次世界大戦末期に日本軍のソビエト侵攻計画が有り、それも「細菌兵器を使おうと考えていた」という機密文書を公開してソビエト軍の北方領土の侵攻と現在の領土支配を正当化しようとする談話を発表しました。これは日本が日韓関係において戦後処理がズルズルとしていて、またハッキリと日本の立場を伝えないことを見て「日本は75年前の戦争のことがウイークポイントだから、そこを突けば沈黙する」ということを学習したのです。現在の独裁政権下に近い国々であるロシア・中国・北朝鮮は今後世界から非難された時には日本を次々と非難して逃れることをするでしょう。世界中で75年以上戦争をしていない国は日本を含め数ヶ国しか無いという大変誇らしいことの裏返しでも有るのですが政治家や外務省を始め弱腰外交と腰砕けの戦後教育の結果、戦中戦後の史実を知らない日本人が言われるがまま相手国有利の史実を丸ごと鵜呑みにしてしまう大変不利な外交交渉をして行く、ということ更に未来はずっと不平等条約発効させられたり永遠に日本人は悪者のレッテルを貼り続けさせられることを意味するのです。これは現在の日本人が未来の日本人の為に阻止しなければならないことです。私は嘘で史実を美化したり歪曲しようと言っているのではありません。真実を明らかにしていく必要があると訴えているのです。日本人は「潔い」という言葉が好きで美化します。確かに日本軍が戦争末期に『731部隊』が存在したぐらいだから有ったことでしょう。関東軍が退却する時に押収した資料と研究結果をソビエトと米軍が奪い合って大陸侵攻のソビエトが資料を確保して石井部隊長と僅かな幹部を米軍が確保し合ったのです。それはソビエトも米軍も細菌兵器の人体実験をしたかったのですが人道的立場から出来なかったのでナチスドイツと731部隊の資料と頭脳が何としても欲しかったのです。米軍は当然極刑の石井部隊長等の生命の保障と引き換えに実験結果を手に入れたほどでした。日本は戦前の領土になり、反省して謝罪して賠償金を支払っても無能な官僚や政治家たちの得意技『問題の先送り』の繰り返しの結果現在に至っています。もう逃げないで言うべきことは言う、問題は「その場で、その時に解決する」という外交姿勢を持って欲しいです。「持ち帰って改めて報告します」なんて無能な社員みたいなことを言うのは今後の中国、ロシア、北朝鮮、韓国そして米国にも通用しなくなります。学力だけで官僚を決める時代は終わりにしましょう。P.S.以前投稿したんですけどねぇ。

遷都2

2021.09.13 | Category: 院長ブログ

以前『遷都』を投稿した時も述べましたけど「愛知県が最も首都移転するのに適した土地だが絶対に御断り」です。首都の為には広大な安い土地と開発出来る土地が必要です。その点大いなる田舎「名古屋」は名鉄名古屋本線を例に取れば岐阜方面に向かって名古屋駅を過ぎたら直ぐに二階建ての家々が永遠と続きますし地価も東京に比べれば安価です。また大都市には大量の水が必要です。地下水の汲み上げで地盤沈下は最悪で、自然災害(特に浸水被害)が頻発する現在では少しでも高さが必要です。愛知県は木曽三川が有りますから首都機能としては水量が足りないかもしれませんが一応豊富です。但し港区・南区・中村区や飛島地区等々の低い土地も有りますから巨大堤防が必要です。伊勢湾は自然要塞的な地形が有りますから紀伊半島と渥美半島・知多半島を使って二重三重の堤防を造れます。奥に向かえば向かうほど津波の高さが上がるのを軽減するのに利用出来るでしょう。また愛知県は地理的に日本の中心に位置するので東京や大阪の移転出来ない会社にも良いでしょう。他には世界のトヨタと関連会社も有る点も有利です。しかし愛知県への首都移転は絶対に反対です。何故なら土地や物価が上がりますし良い人も増えるでしょうけど治安の悪化も予想されるという負の遺産は御免ですから。逆に関東地方の海に海上都市なんて造れば最高なんですけど夢物語ですか?

遷都

2021.09.12 | Category: 院長ブログ

完全に終息していないですが『COVID-19がもたらした物とは何だったのか?』という検証をすることが毎日感じる閉塞感打破に繋がると思います。悪い事ばかりのコロナ禍ですが「何か良いことは?」と考えると日本の悪い重い腰を上げさせたの「コロナの功績」です。菅政権が『デジタル庁』を創設しましたけど全くと言って良いほど機能していなかった多方面のデジタル化が進み始めました。ZOOMは大人から子供たちまでが当たり前のように使い始めました。出勤せずに家庭内で仕事が出来、学校に行かないで家庭で授業が受けれる、会議や講座も。こんな事は日本では10年は大袈裟でしょうけど5年後の状況だったのでは?と考えます。『マイナンバーカード』の活用を国がポイントを付けて宣伝しても一向に広がらないのですからキャッシュレスも高齢者には当分浸透しないことでしょう。もしも無理やり国がキャッシュレスを推し進めたら「キャッシュレスには今お使いになっているキャッシュカードが必要」という詐欺が横行して国が犯罪の片棒を担ぐ結果になることでしょう。重い腰はCOVID-19感染者数のデジタル化もされておらず各保健所や病院等々から正確に迅速に一元管理されず混乱が新たな混乱を招き、その後のワクチン接種済みの証明もデジタル管理されて無かったことには本当に失望しました。コロナ禍明けに国民の活動に必要となる『ワクチンパスポート』が各国では当然携帯なのに日本では紙を持参するかもしれません。そんな負のことは数えるのは止めて、コロナが流行る以前にブログに投稿した内容が『遷都』で、いよいよ本格的に取り組むべきと訴えたいです。日本は島国の為に「山と海」の狭い土地に人々が住んでいます。そして土地を広げるには山を削り海を埋め立てました。結果として崖崩れや浸水という災害に弱い都市ばかりです。その中で最も危険なのが大都市「東京」です。巨大地震と巨大津波が来れば過密した建物と人口が未曽有の被害に遭うことでしょう。また日本の宝と言える富士山の噴火も連動したらと考えると静岡県より東に首都が有るのは危険なことは明白です。しかしデジタル化が進めば人口の分散化に繋がり過疎地で有っても安全面重視で考えられます。沖縄にデータベース機能を移動させる等の行動は各社進めていますが人の移動は手付かず?と言えるほどです。災害大国ニッポンには巨大地震や巨大津波が首都に来たらコロナ禍で財政難の日本では耐えきれず経済破綻しかねません。そして今後訪れる少子高齢化で一層の緊縮財政を余儀なくされることでしょう。だからコツコツで良いので人口の分散化を進めるべきです。近くの大国なら国家の命令で人の移動も可能かもしれませんけど当然日本では無理です。だから各社が可能な限り進めるのです。耐震化は必要ですが限界が有ります。「想定外」では済まされません。がんばれデジタル化!

日韓関係3

2021.09.11 | Category: 院長ブログ

先ず最初に日本が過去に韓国を攻めて侵略して36年間統治して酷いことをしたと多くの日本人は理解していると思います。それは慰安婦問題以外にも多くのことが。日本人代表でも何でもありませんけど、この場で謝罪させて頂きます。日本人が過去に酷いことをしまして誠に申し訳ございませんでした。これは最低限行わなければいけません。それを「謝罪しなくてもいい」と言っている日本人は間違っています。しかし何回も謝罪することは不要です。何故なら今韓国が問題にしていることは過去の出来事ばかりだからです。新たに韓国に対して迷惑を掛けたなら当然謝罪は必要ですが過去の出来事を蒸し返したり慰安婦像を建てる、軍艦島の世界遺産登録を邪魔する、旭日旗問題と形を変えての謝罪要求ばかりです。戦後のまだ混乱期に米国の仲介で韓国としては納得していなかったのかもしれませんけど日本経済の精一杯の金額の賠償金を当時の韓国政府は受け取り国交回復したのは事実です。今の韓国としては「正式な政府では無かった」とか言い分は有ると思いますが、当時の代表した政府だった訳で政権が代わる度に国交正常化しなければならないなんてことは国際法上認められません。また当時は早期に国交正常化して社会主義国に対抗しなければ韓国という国家自体が中華人民共和国と朝鮮民主主義人民共和国に飲み込まれ消滅していたかもしれない状況下だったので、韓国側も冷静になれば当時の選択を一概に間違いとは言えない筈です。多くの日本人は謝罪として賠償金を支払い国交回復して歴史が進み始めたと理解していますけど韓国は国際法上認められていない個人に対する賠償請求を要求し始めています。繰り返し謝罪を要求されて改めて謝罪した結果「認めたよな。それなら次に」と賠償金を勝ち獲ろうとするのは日本人の常識や世界の常識と乖離した考え方と思います。現代の韓国が世界を味方に付ける為に次々問題を作り出すのは閉口します。レーダー照射事件も米国や中国やロシアに対して行えば間違いなく即攻撃されたでしょう。また旭日旗問題も某サッカー選手が猿の真似(日本人を馬鹿にした表現)をして非難されたのに問題のすり替えに韓国側が乗っかったのが事の起こりです。今回の五輪も日本を貶めることに用意周到だったのですが韓国選手が選手村の食事が美味しい等の日本を褒めることを発信しただけで非国民扱いする国民性をSNSが発達した現代では世界中が見ています。国交回復以降も次々に問題が発生するのは正しい教育が行われていないからと思います。SNS等で情報が流入する時代です。ハッキリ云えば中国も日本の現実を曲げて報道したりニュースを遮断したりしていますけど現実は明るみになります。日本の人々に言いたいのは日本側からは直接対決は感情的になるので避けて世界に向けては正しいことは堂々と伝えましょう。黙っていることは認めたことにならます。その為には日本人が勉強しなければならないのです。日本史の最後を教えない情けない教育者たちに任せていては駄目なのです。韓国の若い人々は現実を知り動いています。『ライダイハン』のことも調べているし、今回は『記憶の戦争』という映画も制作しました。そして日本が韓国の文化(ドラマやBTS等々)を称賛するように韓国の若い人たちはゲームもアニメも今は卒業アルバム作りまで日本の影響が及んでいると聞きます。またMLBの大谷翔平氏に対するニュースも好意的になっていると聞きます。韓国も変化しつつ有る今がチャンスなんです。お互い仲良く出来そうです。ライダイハンと慰安婦の違い、慰安婦の殆どが日本軍による強制連行では無かったこと等、本当は私も訴えたいことが沢山有ります。だから聞かれれば応えます。でも可能な限り発展的に進めましょう。両国のトップが同時期に交代して新しい関係を構築する時なのです。

風邪が

2021.09.10 | Category: 院長ブログ

COVID-19の終息に向けて世界中が努力していますがウイルスは人類を笑っているかのように変異を繰り返し網の目からすり抜けて人類の完全勝利には程遠いようです。そこに「インフルエンザが流行ったりしたら」なんて考えると恐ろしくて想像するのも嫌になります。COVID-19にしろインフルエンザにしろ感染症なので私たちが行う感染予防対策は一緒な訳ですけど既に風邪気味の方が巷には増え始めました。それを裏付けるように全快堂にも鼻づまりや空咳の患者様が来院するようになりました。「えっCOVID-19じゃないの?」と言われれ「絶対に違います!」とは言い切れないのは当然ではございますが、それぞれの患者様が3日ほど「鼻づまりだけ」の方と「空咳だけ」の方と単独症状のところを考えると季節性の風邪?と考えるのが妥当かと思います。季節性の風邪でも私たちの感染症対策は勿論同じで手洗いとマスク着用と人混みには近付かないこと。また十分な睡眠を始め規則正しい生活習慣の施行と頼り無さそうですが仕方ありません。でも規則正しい生活習慣がCOVID-19に感染し易い持病や肥満を予防出来る訳なので一石二鳥です。面倒がらずにコツコツやっていきましょう。そして疲れが溜まっている、少し身体がダルい、熱っぽい、便が悪い・出ない等々日頃と少し違っていると感じたら首と背中に温湿布を貼って就寝前のブルーライトを避けて早めに休んで下さい。それが全ての病気予防の基本です。基本が出来て無い人をウイルスは狙っています。狙い撃ちされないようにしましょう(ウララウララby山本リンダ)。P.S.『出前館』のCMの浜ちゃんが歌っている「スイスイス~イっ」の一回目の伸ばした箇所、何回聴いても『志村けん』さんの声に聞こえてしまいます。丁度志村さんが亡くなった頃から始まったCMだったので「えっ」と思ったのは私だけでしょうか?

大塚製品

2021.09.09 | Category: 院長ブログ

私は以前からブログで繰り返し『ポカリスエット』『アミノバリュー』『OS-1』『BODY MAINTE』の水準の高さに触れてきました。各社から数多くのドリンク等が売り出される中で大塚製薬の商品は「美味しい=売れる」という構図が当然であるのを承知で「失われた体液補充」という観点から美味しさより実用性を選択しました。ポカリスエットなら「スポーツドリンク」というネーミングを付けて売る以上は「必要とされている成分は何か?」を追究して完成させた商品は『大塚製薬以外には無い』とさえ言えます。美味しさを追究すれば各成分の必要量が入れられなかった場合、他社は「美味しさ=売上高」を優先しました。しかし大塚製薬の商品だけは「必要量」を優先しました。それがポカリスエットなら「ナトリウム濃度」を確保し、アミノバリューの場合は「BCAA」400mgを含有しているのでマラソン時には最適です。「OS-1」は多くの必要成分が失われる熱中症予防に飲めばリスクを軽減出来ます。こうやって自信を持って大塚製品を薦められるのは健康に対して真摯に向き合っていることを意味し、成分表を見比べれば結局大塚製品に辿り着いてしまうのです。当然今回のCOVID-19で苦しんでいる感染者の方々には大塚製薬の商品を自信を持って推薦出来るのです。美味しさを第一に必要量は二の次の他社製品は非常時では無い日頃の元気な時ならまだしも、生命の危機に対峙した時に全快堂の患者様には残念ながらお薦め出来ません。此処まで言い切ると「大塚製薬の回し者?」と言われそうですが一切マージンを貰っていませんから堂々と言えるのです(でも大塚製薬の方、いつでも受付てますよ(笑))。私は他社の商品でも良い物は褒めます。例えば味の素の顆粒タイプのBCAA4000mgスティックは良いですからマラソン時には使わせてもらっています。他にもユーグレナならA社、オリゴ糖ならB社と全快堂の患者様なら知っています。話を戻して現代の日本人の生活水準において殆どの人がスポーツ後に倒れる筈も無くハッキリ云えば「どの会社の、どの商品を飲もうが大差無い」となります。何故ならどの商品も「それなりに」必要成分が入っているからです。しかし厳密に云えば「必要成分は入っていても必要量は入っていない」のが現状です。前述の「大差無い」というのは、現代の日本人の生活水準において「食事により栄養をほぼ摂っている」という前提が有るからスポーツドリンクだけに頼る必要が無いので安心ということです。しかしながらCOVID-19で自宅療養している危険な体調の人に「必要量が足りないスポーツドリンクは命取りになる危険性が有る」のです。食欲が無く何も口に入れられない時に「せめてコレだけでも」という命の危機には迷わず大塚製薬を私は全快堂の患者様には薦めています。

枯れ時

2021.09.08 | Category: 院長ブログ

熱中症というと「真夏」「炎天下」「運動」と想像するのは当然です。しかし今後の熱中症は「油断」からの熱中症が怖いんです。昼間に行動が激しかったりすれば喉の渇きを感じて水分摂取するでしょうけど、これからの季節は発汗し易い身体が出来上がっていて夏前に比べ水分摂取を心掛けなければいけません。それは昼は勿論ですが夜間は更に注意が必要です。日中の直射日光での夜間の輻射熱は想像以上に室温を上げるのに睡眠中は喉の渇きを感じ難いから水分摂取が遅れがち。特に高齢者は喉渇きを感じ難い+水分保持機能の筋肉量が少ない+夜間頻尿を避ける為に水分摂取を控えるという条件が明け方の体調不良に直結します。そして発汗したのに高血圧や糖尿病等々の持病の為に塩分や糖分の入った経口補水液摂取を拒む傾向にあり知らず知らずにミネラル不足に陥りジワジワ疲れ易い身体(夏バテ)が完成してしまいます。それが『木の芽枯れ時』の秋に不幸が多い原因です。まだ数日は暑い日が有りますから熱中症を頭に入れて過ごして下さい。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒458-0822 愛知県名古屋市緑区大将ケ根2-1043ベルメゾン1F-A
駐車場10台
電話番号 052-624-6503(電話予約は必ず必要になります)
休診日祝日午後・土曜日午後
※日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三