MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 院長ブログの記事一覧

弾ける

2023.02.03 | Category: 院長ブログ

今日は国府宮の裸祭りです。全快堂に長く通っている患者様なら知っていると思いますが過去に裸祭りに参加しました。神男に触れるまでは出続けようと思っていたら「何という幸運!」初めて参加したのに神男を触ることが出来たのです。しかし普通では絶対に触れることは出来ないと思います。必死になって神男を探していると裸男たちの集団に突然壁に激しく押し付けられました。その凄まじい力で私の身体は壁に貼り付いたまま持ち上げられて足が地面から離れて呼吸するのがやっと、まるで韓国の将棋倒しの惨事のように身動き出来ない状況になって「あと少しこのままだとヤバい」と思った瞬間、目の前に男たちに囲まれた丸坊主の神男が現れたのです。偶然にも何と向こうから来てくれたのです。そうで無ければ絶対触ることも見ることも出来ない凄まじい力でしたから本当に幸運でした。しかしその後の寒さと疲労は想像を遥かに超えていました。精魂尽きるとは当にこの事です。私もずっと運動をして来ましたしフルマラソンを何回も完走し多少体力には自信が有ったのですが、見事にその自信は打ち砕かれる初めて経験した疲労感でした。勝手が分からず最初から全力で神男を探して方向が分かると無我夢中で突入を繰り返しているうちに、断らず飲み続けた酒が回り冷水を浴びた身体に寒風が突き刺さり怒号罵声と歓声が入り乱れた地獄絵図のような中に何時間も居たら「もう二度と出たくない」と思ったのですが、今では根っからの祭り好きの大馬鹿野郎なのか還暦を自ら祝おうと赤褌(あかふんどし)で再び出ようかと考え中の馬鹿者です。参加するにしてもジジイですから今回は最後にチョロチョロと輪に加わるだけかもしれません(たぶん最初から全力で行っちゃいそうですけど)。とりあえず今日は金曜日なので国府宮に御参りして即戻って来て全快堂で治療する予定です。では全快堂の皆様の厄落しして来ますね。

フラクトですよ

2023.02.02 | Category: 院長ブログ

花粉が昨年の10倍とか言われていますが、対処を何時やるの?「今でしょ!」というのが正解です。私の考えで何の根拠も無いと聞き流して結構ですが「信じる人だけ救われる」ことを教えます。花粉症は大腸の働きが良くない人がなります。「いやいや私は大腸悪いのに花粉症だから」と言っている人は残念な人です。花粉症なら自身の大腸が悪いことを認めて下さい。あなたの大腸の働きが悪いから花粉症なので自身の判断基準を修正して下さい。では言い方を変えます。大腸の働きを良くしたら花粉症の症状は軽減されると言ったら信じますか?最初に伝えたように「信じる人だけが救われる」というのは「『フラクト』オリゴ糖」を摂れば花粉症は軽減するという話です。全快堂を始める前の30年以上、私はフラクトオリゴ糖の大ファンです。何故なら「本物」だからです。数年前「東大名誉教授『小柳津広志』」氏が「フラクトオリゴ糖を摂れば花粉症は1日で治せる」と断言した記事を読みました。1日は少し極端かなぁと思いましたけど「それくらい」フラクトオリゴ糖は強力です、本物です、花粉症には絶大です。しかし一度に沢山摂ればオナラがよく出ます。だからこそ日頃から善玉菌(ビフィズス菌)いっぱいの腸内環境にしておく必要があるのです。但しオリゴ糖でも多種類有りますから『フラクトオリゴ糖』を。また偽物のフラクトオリゴ糖も✕。偽物とは濃度の問題です。大腸ばかり焦点を当てていますが、だからといって小腸が悪ければ台無しです。小腸も良くすれば一層花粉症は軽減されることでしょう。小腸には「『植物性』乳酸菌」です。此方も企業の罠に引っ掛からないようにしましょう。でもやっぱり全快堂の治療でしょうね(結局、北極、放送局からコマーシャル)。

先月は

2023.02.01 | Category: 院長ブログ

先月の予約率は93%超でした。有難うございました&申し訳ございませんでした。「何で謝るの?」と言われる方に毎回「都合の良い時間に予約が取れなかった方への謝罪です」と。オオカミ少年?すいません、オオカミ親父ですが今月こそ「寒さ」と「不景気」と、治まってきたとはいえコロナ感染症とインフルエンザ感染症により予約率70%ほどになる予想です。少し落ち着かないと溜まった仕事と新しい治療の勉強に時間の使い方が下手な私としては進まない状況なのでラッキーとは不謹慎なのかもしれません。しかし今朝も9時になると電話が数珠繋ぎになると予想されます。「どうしても午前中」「どうしても○曜日」「どうしても○時が」という患者様は9時以降ですが、なるべく早めに電話して下さい。たぶん10時迄には人気の曜日と人気の時間は埋まることが予想されます。仕事等で9時近辺に電話出来ない患者様、何卒お許し下さい。ではまだまだ寒い日が続きますが今月も頑張りましょう!

5類に

2023.01.31 | Category: 院長ブログ

繰り返し投稿してきたこと、やっとコロナ感染症が5類になります。しかし5類にすれば治療薬やワクチン接種等々今までのように「無料」で対応出来ないものが発生します。しかし私が早くから「5類にして」と言ってきたのは当時まだ財源に余裕が残っていたので5類にしても無料で対応出来たのです。全国民にワクチン接種せず希望者のみへの対応にすれば当然出費は抑えられます。そして最も問題だったコロナ感染患者の治療をするから貰える「補助金」を受け取っておきながら色々理由を付けて結局コロナ感染患者を診ない施設には一律支給せず個別対応可能だと考えたからです。正確ではありませんが全国の医療機関の収支は2021年3億5千万円の赤字だったのが2022年7億8千万円の黒字化になったのは2類長期化が原因と考えます。コロナ感染患者を診ないで金が貰えれば「働かないで金が貰える」うえに「感染リスクを冒さ無くても良い」となれば「医療スタッフの離反」も発生しないという計算になります。昔から人は自分がやりたい時は出来る理由を探し、やりたくない時は出来ない理由を探し正当化します。医療スタッフが辞めて病院が潰れたら地域の医療に支障が出るから。立派な考え方ですよね。政府は出来る限り選挙を左右する「お医者様方」の顔色を伺い補助金政策を続けて重い腰をやっと上げました。借金大国の今後が心配です。

完璧は

2023.01.30 | Category: 院長ブログ

身体のどの部位が痛くなっても困るし心配です。しかし原因が筋力低下・骨又は軟骨変形・靭帯損傷・怪我・経年劣化(老化)と多種多様になるから的確な治療方針の決定が早期回復に多大な影響を与えます。だからこそ診断力が必要で最初の判断が間違っていたら貴重な時間が過ぎてしまいますし慢性化の危機に陥る可能性さえ有ります。しかしここで注意しなければならないのは、誰も時間の経過による劣化を経験していないということです。分かり易く表現すれば老化した身体に成ったことが無いということです。小学生が突然高齢者に成れば違いは歴然ですが日々徐々に忍び寄ってくる老化は痛み・動き難さ・痺れ等が表れてきますから認め難い出来事です。イチロー氏のように毎日決まった時間に決まった運動と食事をしていれば「あっ衰えた」と自覚出来ますけど、たまにバスに乗り遅れそうになり急に走ったとか階段を駆け上った、突然重い荷物を持って痛めたりして来院される方に「とりあえず」痛みを除去することを第一にします。しかしこれはあくまでも応急措置と考えて頂きたいのです。全快堂は確かに根本から治そうとしています。しかしヒトは機械ではありませんから部品交換は不可能です。出来る限り生まれた時に備わった身体を使うしかないのです。筋力が不足していることが原因ならば筋力を着けなければ再び痛くなります。でも少しぐらい筋トレをやっても筋肉は着きません。継続しなければ、それも死ぬまで努力が必要で、努力しなければ寝たきりが待っています。また血流が悪ければ損傷部位を治すことが出来ません。血流改善には運動と食材選び、そして十分な睡眠です。しかし日頃から運動していない方は運動嫌いですから「疲れる」「痛い」「続かない」「時間が無い」の不平不満のオンパレード。また食事も偏り睡眠時間も少ないし「眠れない」と言われる方も。流行性感冒のようにゴールが比較的見易い症状なら良いですが薄皮一枚ずつ剥ぐがごとき改善は患者様自身の協力が不可欠なのに丸投げ姿勢の方も少なくありません。「努力しなくても今までは直ぐに治った」って?当たり前ですよ、まっさらで生まれてきて人生を重ねて色々傷んだ結果の痛みだから今までとは訳が違います。また人によっては鎮痛剤使用問題の先送りで対応してきた人もいます。それを「全快堂に行けば治るから」という紹介は光栄である反面非常に辛いです。今後何方かを紹介する場合は「とりあえず行ってみたら」の言葉掛けをお願い致します。そして私が治すのでは無くて二人三脚と心得て下さい。また努力を痛い時だけでなく継続して下さい。最後に何もせず無茶をしても寝れば回復した20歳の身体には戻りませんから症状が皆無にはならないと心得て下さい。まだ少し残っている、少し重いが残ってしまうのは仕方ない場合も有ります。ゼロは難しいかも。

歩くと

2023.01.28 | Category: 院長ブログ

立て続けに正常歩行に問題の有る人が来院されました。水頭症の疑いの方とクモ膜下出血後遺症の方が続いて。治療後に歩行指導もして終了ました。そして次の患者様が偶然歩行に問題がある高齢者の方でしたので歩行指導をしていて気が付きました。この方もクモ膜下出血の方も水頭症の方も以前通っていた整形外科でみんな「膝を上げるように」と指導されていたのです。長く全快堂に来ている人には指導していたのですが全員に歩行指導はしていなかったことにも気が付きました(スイマセン)。だから皆が世間で伝わっている間違った歩行を理想として真似しようとしていたのです。その間違ったキーワードは「膝を高く」です。水頭症の疑いの方もくも膜下出血の後遺症の方も高齢者の方も「歩いてみて下さい」というと頑張って膝を無理に高く上げようとします。これは今まで「良い歩き方=膝が高い」という間違った概念が刷り込まれている証拠です。正常歩行とは「前の脚に後ろの脚を近付ける動作」です。それなのに膝を高くすることを意識すると腰が下がってしまいます。これでは後傾姿勢を助長してしまい益々歩けなくなってしまいます。ですから高齢者に正常歩行を教える時には分かり易く「前の膝裏に後ろの膝の皿を付けるように」と教えるようにしています。それは前の脚に確実に加重することを意味します。すると良い歩き方を理解してくれます。しかし全ての方が巧く歩ける訳ではありません。それは大腿の裏(ハムストリングス)又は下腿三頭筋が硬いと上手な歩行には繋がりません。そのことを指導すると見違える歩行に変化します。是非試してみて下さい。

惰眠族

2023.01.27 | Category: 院長ブログ

惰眠族(だみんぞく)なんて言葉遣いは無いでしょうけど無ければ私が作ります。その民族はアジアの東端に住んでいる民族で今の、それも自分のことしか考えない恥ずかしい民族です。ユーラシア大陸の東端に住んでいることから惰眠族の他に恥ずかい民族「恥族(はじぞく)」の名称も有る。嘗ては世界一の経済大国に成ったと錯覚した時代も有ったようですが一瞬で奈落の底に堕ちて30年という年月を惰眠しています。その国を治める役人は衆参両院で713名で1人当たり最低2187万8千円が年間に「国民から集めた金」から支払われます。その総額「だけ」でも156億円ですが『東洋経済オンライン』の「ある北海道の国会議員のシュミレーション」では政党助成金や秘書給与等々を含めて年間6~7千万円の収入になると有りました。それを年間6千万円と仮定して衆参両院の人数にすると427億8千万円となりました。乱暴な計算ばかりですが過去の栄光に「菅って」間違えました『縋って(すがって)』ケンシロウに殺られた悪い奴の断末魔「安倍氏」間違えました『あべし~っ』と叫びたくなるような苦しい生活の毎日、若者は結婚せず子供を産めず、産んでも保育園の順番待ちで生活は更に困窮。一部の企業のベアが実現しても70%の中小零細企業のベアは不可能なのに「政党助成金」だけで315億円?年収2187万8千円貰っているなら「今回は政党助成金は全党辞退します」くらいのことを言ってみろよ!「政治は金がかかる」なら辞めてくれ。政治家の人数を減らすのに丁度いい。それなのに情けないことに選挙すら行かない惰眠族・端族。「どうせ変わらない」「たった一票が何になる」と考えている人へ。以前投稿したように投票率が上がれば、政治家は国民が政治に関心を持っていると感じます。すると公約を実行しない「嘘つき議員」は焦り金儲けの為の職業「政治家」では無くて真面目に政治に向き合い始めます。その風を起こす為に毎回必ず投票に行きましょう。政治が分からなくてもいい。誰に投票していいか分からなくてもいい。最悪無記名(白票)でもいい。とにかく投票に行きましょう。そして議員を焦らしましょう。とりあえず地方から、地方議員から、県知事選挙から。真面目に働いても生活出来ない異常な国で無く真面目に働いている人が生活出来る正常な国にするために。

寝室

2023.01.26 | Category: 院長ブログ

日本家屋は平均して寒過ぎます。WHOが推奨する寝室の温度は18℃と言われていますが大半の家々は基準に満たしてないと思います。特に電気代の値上がりを気にするあまり節電に走り「布団に入ってしまえば」と睡眠中の暖房は止めてしまう家庭も少なくないのでは?また乾燥、逆に結露のことを考えたり火事の心配も睡眠中の暖房事情を左右すると考えられます。確かに布団に入ってしまえば暖かいでしょうけど肺に入ってくる冷たい空気は身体に良いとは言えません。また夜中にトイレに起きる方は急激な温度変化が脳や心臓への危険を増大させます。この場合は寝室のみならず廊下の温度迄関わってきます。今年の国府宮『はだか祭り』は2月3日ですが「国府宮が終わらないと暖かくならない」と昔から言われている通り今年も暖かくなるのは4日以降になると思います。あと少しではありますが後悔しないように寝室等の暖房事情を十分考慮して元気に春を迎えたいものです。

検索順位

2023.01.25 | Category: 院長ブログ

H.P.を作ろうと考えている同業者に相談されました。そこで少し検索順位について考えていたら偶然新聞の一面に「レッカー車の使用料で高額請求」の記事が掲載されていました。少し前には水道トラブルで、やはり高額請求が各地で頻発していたことを思いだしました。どちらもパニックで「一刻も早く」と業者を探しますから必然的に検索順位上位の業者に当たります。本来なら良心的な業者は評判が良くなりますが検索順位を上位にする専門業者が金次第で何とでも対処します。「何でそんなこと分かるんだよ」というと凄い頻度で営業が有るからです。HPを作成して8年目で開院して25年目となりますから本来なら検索すると少しは上位に来ても良い筈です。試しに以前名古屋市だったので「名古屋市腰痛」「名古屋市頭痛」等々で検索すると全快堂に突き当たる迄には絶望的な治療院を通り過ぎなくてはいけません。こんなの「腰痛だけど何処行こうかなぁ」と決めて無い人が全快堂に突き当たる確率はジョニーデップとジャスティン・ビーバーが全快堂に治療に来る確率よりも低いです(何やそれ)。上位に有る治療院は決まって同じ業者名が隅に書いてあるから分かりますが素人の人がパニクっている時に「この検索順位って信用出来るの?」なんて考えている余裕はありません。だから今さらHPなんて必要あるのか疑問です(今月全快堂HP検索人数千人以上)。全快堂はほぼ100%紹介ですから本当の「口(くち)コミ」です。本当の口コミとはネットの「クチコミ」とは当然違います。ネットのクチコミは以前問題になった、やはり此方も業者による飲食店の書き込みと同様のこと「も」有りますし100%信用は出来ません。不器用な方法と言われますが結局一人ひとりを確実に治して信用を積んで家族や友人を紹介するのが良いと考えます。HPで広く知ってもらって一気に儲けようとせず地道が治療テクニック向上にも繋がるので良いと思いました。でも美味しい食事をしようとすると携帯で調べてる自分が居ました。

見方1つ

2023.01.23 | Category: 院長ブログ

どんな物にも「表が有ったら裏が有る」というように考え方次第で幸せにも不幸にもなるのが人の気持ちと繰り返し伝えてきました。しかし毎日多くの患者様に会っていますと悪い方に考える傾向の人には本当に良くないことが多く起こっています。以前色々な物が見える人が「良いことも悪いことも、その人の気持ちがどちらも引き寄せるんだよ」と言っていたことを思いだしました。弱気になっている時には悪いことを引き寄せ「弱り目に祟り目」「泣きっ面に蜂」ということが有り、逆に明るい人には不思議と「棚ぼた」「追い風」「渡りに船」ということに。大難→小難→無難という考え方次第ということも有りますが、私は「仕事以外では」不幸な話は聞きたくないし泣いてる顔は見たくないので、そんな事ばかり言っている人には近づきたくありません。だからといって無理に明るく振る舞うのは更に良くありません。何故なら反動で後々心の病になってしまうからです。少し余談になりますけど過去に「うつ病」は「心が風邪を引いたみたいなもの」「気持ちの問題」と言われた時代も有りましたが脳画像で脳が傷付いていることが判明しましたから決して「気のせい」で片付けてはいけません。しかし恐れも悲しみも弱気も自身が作り出したもので考え方次第。「これやっといて」と言われた時に前向きの時は素直に「はい」と言えるけど落ち込んでいる時には「サボっていると思われているのかなぁ」「仕事が遅いと言いたいのかなぁ」とか余分なこと迄考えてしまうことも。くよくよしても1日、前向きに考えても1日なら楽しく行きましょう!P.S.昨日名駅で松潤のパネルを写メしました。その後『どうする家康』見たら松潤が身近に感じました。そんなことでも気分上がりますよ私は。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒470-1151 愛知県豊明市前後町鎗ケ名1879-2
電話番号0562-85-5973(電話予約は必ず必要になります)
休診日日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三