MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 院長ブログの記事一覧

勧善懲悪

2024.07.17 | Category: 院長ブログ

アナタが幼かった頃、おじいちゃんやおばあちゃんは時代劇を見ていませんでしたか?そういう私も最近時代劇が大好きになってきました。また相撲が好きなご老人も多いですよね、私も大好きですが。何故なのか?そこに『老害』の答えが隠れていることに気が付きました。年寄りは「白か黒かハッキリさせようと考える」傾向に有ります。そこに玉虫色は不要ですから時代劇なら『勧善懲悪』で主人公は賄賂を貰うことはありませんし『水戸黄門』の助さんが女好きでも不倫はしません。良い側は真っ白で悪い側は真っ黒です。相撲の勝負も取り直しは有っても完全決着で優勝者が二人になることはありません。そこに存在する理(こだわり)が有るとしたら「勝ち方•負け方•潔さ•勝負に対する姿勢や考え方」です。肩透かしのように避けて勝つのは、見てても見ている側に蟠り(わだかまり)や痼(しこり)が残ること『は』有りますが。話を戻して「年寄りは白黒ハッキリさせようと考える傾向にある」のは少し分かってもらえると思いますが問題は「常に自分は正しい(白)と考えている」ことです。そこに相手の事情や周囲の状況は考慮する余裕はありませんし「考慮しようという考え方も」ありません。老害が酷い迷惑な高齢者ほどその傾向が強いです。そこに拍車をかけるのが認知症です。認知症は実際の視界だけで無く考え方も狭くなりますから「白か黒」しかありません。また被害者意識も強くなり「年寄りだと思って」という考え方も老害を拡大させます。私のような底辺ばかりのグレーゾーンしか歩いて来なかった人間は本来は経営者に向きません、人の上に立ってもいけません。白黒ハッキリ着けれ無いからです。でも無理して白黒着けてきましたが最近自然に決断出来るようになってきました。老害の始まりですね。もう少し余裕を持って大きな心で物事を考えるよう心掛けます。でも相撲も時代劇も大好きです。

ブヨブヨ

2024.07.16 | Category: 院長ブログ

帽状腱膜という組織が眉毛から頭頂部を通って後頭部(此処までという考え方が多い)→背中→臀部→脚後部→足裏まで続いている帯のような組織を御存知でしょうか?確か投稿済みですが、その帽状腱膜が固すぎると想像出来ると思いますが、前屈しようとすれば引っ張られて身体の柔軟性に欠けると思います。正反対に頭皮の部分だけがブヨブヨの患者様もいます。今から述べますことは医学書に書いてあるのではありませんから全く根拠の無いことだと理解し「あくまでも」私の経験からことを述べますので聞き流して結構です。柔らかい頭皮の方は意外に多くいますが、それとは全く違う何とも言えない嫌~なっ感触のブヨブヨ頭皮の持ち主が極稀に居ます。その人に身内の既往歴を尋ねると9割9分のくも膜下出血や脳卒中経験者が多数います。今回の患者様もそうでした。でもその患者様の治療を始めてから5年以上経過しています。何故直ぐに言い出さなかったのかと言えば信頼関係の構築が最大の理由ですが、同じくらい大事な理由が過剰な心配を与えると悩んで脳の病気を発症させてしまう危険が有ると考えて控えることに決めたからです。大袈裟と思うかもしれませんけど病院勤務時代に極度のストレスが引き金となり何人かの方々が脳の病気を発症するのを実際に見たので慎重に成らざるをえないのです。当然ですが今回の全快堂の患者様は頭蓋内圧と頭皮を含めた首より上の血流に注意しながら生活習慣の改善を指導しつつ慎重に治療してきました。そして酷暑が到来する為いよいよ危険性を伝えました。案の定患者様は動揺していましたが家族的に多くても必ずしも発症するのではない事と治療していても5年間何も無いどころか色々な検査結果の改善を取り上げて説得して今後の治療スケジュールを話し合いました。皆様は自分の頭皮が柔らかいのか固いのか分からないでしょうが毎日多くの方の頭皮を触っていると違いは一目瞭然です。だからといって特別な対応を直ぐにする必要はありませんが月並みな表現ですが規則正し生活を心がけて下さい。

乱れる

2024.07.15 | Category: 院長ブログ

夏は生活が乱れます。これは仕方ないことかもしれません。何故ならヒトは太陽の元で活動するように出来ていますから日照時間の長い季節は活動的になって当然なのです。ここで「電気が有るから冬でも同じでは?」と考えるかもしれませんけど太陽光は偉大ですから人工的な照明とは比べ物になりません。室内照明で十分明るいと感じても曇った日の室外の方が断然明るいのです。このように日照時間の長さが活動量を左右しますが最近の異常気温は活動量を抑制します。人類は文明を手に入れたので飲料水に困ることも無く冷房も有るので酷暑を乗りきれますが全く部屋から出ないことは無いので無理の無い範囲で暑さに慣れる必要が有ります。但し外気温と室温の差が大き過ぎると良くないのは理解しているからと外気温に合わせて室温を上げてしまえば室内に居ながら熱中症に陥る危険性も有ります。先日の静岡のように40℃超えの日に外気温との差を「せめて10℃以内に」と頑張るのは危険です。臨機応変の対応もしましょう。夜中の脚の痙攣は水だけで無くミネラル不足の警告でも有りますが偽物のスポーツドリンクは勿論ですが『ポカリスエット』も飲み過ぎれば高血糖になります。何でも乱れは禁物、適量バランスが大事です。活動的になり夜更かしして睡眠不足になりサーカディアン・リズム(体内時計)が乱れると精神的にも乱れ易くなり素行も乱れ非行に走る若者が増えるのが夏です。『生活の乱れは心の乱れ』とまでは言いませんが後悔しない季節の過ごし方は『早起き早寝』『規則正し食生活で快便』だけに最低限注意すれば暑い夏を乗りきれるでしょう。

断る

2024.07.14 | Category: 院長ブログ

キャンセルや時間にルーズな人を出禁にしますが私が最も嫌いな人も出禁にします。それは『無駄遣いする人』です(無駄遣いって分からないですよね)。無駄遣いとは金銭だけでは無い、それも本人だけで無く周囲の人も含めて行われてしまう大切な時間の浪費のことです。本人は無駄遣いしている感覚は無いかもしれません。しかし最短で改善出来るのに無駄に遠回りする人を私は断ります。『儲かるから』と考えれば経営者としては失格ですが明確に「◯◯すれば早く良くなるから」と教えても何も行動せず治療に来るだけのタイプの人は御断りです。その教えることは『全快堂が儲かる方法ではありません』から治れば経営的には当然マイナスです。しかし15年ぶりとか20年ぶりとか「直ぐに良くなったから今度は子供を診て下さい」「友人を診て下さい」というケースが沢山有るということは「間違じゃ無かったから」と考えてます。某先生に教えられたことが有ります『治りたく無い人も居るんだ』と。その時は「そんな筈は無いだろう」と半信半疑でしたが今なら分かります、その人が私は嫌いなんだと。だからその人を出禁にします。勘違いしないで下さい、嫌いだから出禁にはしませんから。御自身の時間も私の時間も家族を含め周囲の人の時間を1日でも早く良くなって有効に遣ったと思えるような人を全快堂は求めています。

無力

2024.07.13 | Category: 院長ブログ

私は「どんな病気も症状も炎症している」と考えています。そして炎症している箇所が違うと「炎症させている対象物が違う」と考えています。但し「炎症を抑える側は全て『酪酸菌』である」とも考えていますから「腸が大事!」となるのです。現代医学は「正体(原因)を発見すれば解決する」と益々細分化し小さな世界に入って行きます。だから新しいウイルスが出現(発見)すれば新しい薬が必要となり作ります。でも東洋医学の考えは真逆です。人間を個体とも考えますし宇宙の一部と考えたり、はたまた宇宙と一体化しているとまで考えるなど全体で考えます。ですから人間も1つの個体と考え以前投稿した『五行説』で分かるように身体も各臓器で考えることもしますけど臓器全体で考え治療するという場合も有ります。したがって肺が悪くても腸にアプローチしたり東洋医学で言う脾臓の場合は胃に治療を施すことも有ります。「何でも酪酸菌で対応出来る筈が無い」と言われそうですが、肉を食べても魚を食べても米を食べてもエネルギーにするって不思議に感じませんか?骨にしたり筋肉にしたり皮膚にしたりって不思議に思いませんか?それを可能にしている身体は偉大です。新しい細菌やウイルスが出現したのは今に始まったことではありません。医学の無かった時代でも人間は生き延びてきたのです。それより医学の無い野生動物さえ生き延びてきたということは『身体が勝手に対応してくれている』ということです。そこで生物の最初に出来る腸の酪酸菌に注目することは当たり前のことと言えますし、生物は生き延びる方へ自身を変化させるから生き延びてきたと考えるのが妥当です。酪酸菌を増やして後は身体に任せておけば良いのです。だから私の治療は酪酸菌を増やすお手伝いと酪酸菌が各部位に行き易いようにリンパや脳脊髄液や血液の流れを良くする。更に適切に運ぶ自律神経機能を高める、結局全て身体が働き易いようにしているだけです。もう一度、がんもリウマチも認知症も潰瘍性大腸炎も全て身体の炎症で、その炎症を抑えるのが酪酸菌なんです。人間なんて無力なんです。

頑固一徹

2024.07.12 | Category: 院長ブログ

手足口病の増加が止まりません。「凄い勢いで増加してますよね」と伝えると「そうだよねぇ、怖いねぇ」という人と「そうなの?でも子供の病気でしょう?」の二通りに別れます。ハッキリ言います。軽く考えていると痛い目に遭いますよ。COVID-19でアルコール消毒が広がりました。施設側も低予算で設置出来るアルコール消毒を入り口に置けば「私たちは感染症対策をやってますから安全です」というアピールになりますので好都合です。手足口病については各自ググって下さい、長文になるので詳しく述べません。但し此だけは伝えます。手足口病はアルコール消毒は無効です。ですから「しっかり石鹸による手洗いが必要」です。但し石鹸による手洗いと使い捨てペーパータオルの設置は金はかかるし面倒くさいから大変嫌がられます。でも全快堂は毎回必ずやってもらいます。飛沫感染も有りますから僅かでも有効なマスク着用も強制してます。全快堂が鍼灸接骨院という健康•治療•予防に関係ない施設なら強制しないでしょうね、私が面倒くさいことが嫌いですから。しかし少しでも良くなって欲しいとなれば仕方ありません。手洗い•アルコール消毒•マスク•空気清浄機•サーキュレーター•ペーパータオル等々を他の施設が止めようと、全快堂だけは頑固に続けて参りますので御協力お願い致します。確かに完全に感染症を排除することは出来ません。でも少なくとも私は、私たちは全快堂開院以来27年間一度も感染症に罹患していません。この事実は「少しだけ」ですが安全対策が有効という裏付けに繋がると思います。それと「絶対に感染しない!」という非科学的ですが『気合い』も必要です(マジかよっ)。わが全快堂の対策は永久に不滅です(by 長嶋茂雄)。

少し変化

2024.07.11 | Category: 院長ブログ

本日は休診なので長文を御用意しました。「全快堂に来ると毎回少し変化している」と言われます。患者様に出来るだけ良い思いをして欲しいから小さなことでも「これはいい」と感じたら即取り入れてきました。「え~っ、そんなことまでしているの?」と、患者様以外の外部の方々にも行っていることが有りますけど、ここに書くのは恥ずかしいから治療時に尋ねて下さい。今回も有益な情報を院内に掲示しましたので該当する人は覚えて即実行してみて下さい。さて「そんなこと当たり前じゃないですか?」ということが『誰でも出来る』と限らないのが病んでる人。顔が見えなくても誰かが入って来たら極力「こんにちは!」と声掛けしています。その返事の声の大きさ、トーン、勢い、張り等々で体調が分かるからです。回数の少ない方は「こんにちは!」と言っても自分に言ってるとは気が付かない方も居ますが大抵の方々は「こんにちは」と返してくれます。しかし「まさに」恥ずかしいことに何回来ていても何も言わない、返さない人が「たま~に」居ます。そんな人とは『患者様以外なら』極力付き合わないようにしています。何故なら関わると此方の幸せが「減る」からです。これは紛れもない事実ですから皆様も関わられない方が良いと思います。返事をしないのは体調不良、精神異常、恥ずかしい(慣れてない)、常識はずれ、聞こえてない、自分に対してと気が付いていない等々が考えられます。私は返事が無ければ2回、返事が聞こえない時は「ハッキリ」聞こえるまで繰り返すことも有るほどです。それほど挨拶は大事なのですが出来ない人が意外にも多いんです。それが慣れて、体調が良くないなって来ると性格も『陽性』に変わり社交的になり、治療も他人も受け入れるようになってきます。そのサインが『返事』それも「元気な返事」なのです。つい先日、また一人『出入り禁止』にしました。理由は予約時間を守らない、キャンセルや時間変更が多い人でしたからです。その人は「たまたま」だと言われていましたが短期間に立て続けでは此方も困りますから出禁にしました。その人も毎回返事が無くて、返事をしても下を向いて口が僅かに動く程度の返事でした。まるで声を出したら勿体ない(モッタイナイ)と言わんばかりの態度でしたから患者様以外なら関わりたく無い、患者様で有っても本当なら受け入れたく無い人でした。でも立場上治療していましたが徐々にキャンセル等の乱れが多くなったのでした。成功者や賢者の言葉の多くには共通して『一度裏切る者は必ずもう一度裏切る』と。間違えないで下さい、予約のキャンセルや変更が『裏切り』なんて大袈裟には思っていません。ただ『癖』になっている人は知らないうちに「自分中心(約束を破る)」になっているのです。だから周囲の人が離れていくことが繰り返され気が付いた時には誰も居なくなっているのです。人が集まる所には良いエネルギーが満ち溢れています(人気者)。しかしそのエネルギーが流れの無い、同じ水が澱む(よどむ)『溜め池』ではいけません。川の水のように常に変わらねば腐ってしまいます。体調は悪くても仕方ありません、治療院なのですから。でも根性の腐っている、返事の出来ないような人は自己中心の「裏切る」人ですから排除の対象者です。全快堂の患者様は良い人ばかりですから、私には守る使命が有ります。残っているアナタはエリートかも。

水だけ~

2024.07.10 | Category: 院長ブログ

「熱中症」という言葉が独り歩きしてしまい「水分補給」さえしておけば安心と考えている特に高齢者の方々が多いと思われます。幸い日本人は塩分の摂り過ぎと言われていますから比較的安心かもしれませんけど「水さえ飲んでおけば」という考え方は逆に脱水状態を招きかねないかもしれません。ヒトの身体は0.9%の塩分濃度に保たれています。投稿済みですが0.9%は古代の海の塩分濃度だと言われています。それなのに急に大量の水分補給で「水だけ」飲めば身体は0.9%の塩分濃度を保てなくなってしまいます。すると身体は0.9%になるように「余分な?」「都合上?」水分を強制排水して塩分濃度を保とうとします。これが『脱水』で「水分補給していたのに熱中症になってしまった」という殆んどの方々がミネラル補給を怠って体調不良に陥っているのです。だから熱中症の予防には「0.9%濃度」の『ポカリスエット』を、熱中症に陥ってしまうような時には『OS-1』を摂りましょう。何故他のスポーツドリンクでは無くポカリスエット限定かと言えば他のスポーツドリンクは0.9%の塩分濃度に設定されていないから無意味だと私は考えています。とはいえ「いち早くミネラルを体内に届けよう」という観点から「糖分濃度」を調整した浸透圧が『糖分過多』に陥る可能性を秘めています。熱中症になって欲しくないけど糖尿病にもなって欲しくない。だから規則正しく3食摂って充分な睡眠を確保した上で危険な暑さの時は不要不急な外出は控えて、どうしても外出する時は水分と塩分を含めたミネラル補給を適切に心がけて無理はしないようにして下さい。他にも濡れたタオルで身体を拭く「気化熱利用」や、冷やしたペットボトルを手に持って歩き冷えた静脈血を全身に還流させる「AVA」の考え方を利用することも良いでしょう。しかし一気の水分補給は胃酸を薄めて消化不良になったり逆に胃酸分泌を過剰にしたりと夏特有の食欲不振の原因に成りかねません。健康は「成ってから動くのでは無く先に動く予防」が基本。日頃から万全を心がけましょう。

残念な

2024.07.09 | Category: 院長ブログ

また思い出してしまいましたよ、税金最大の無駄遣い。覚えていますか?故安倍晋三氏の葬式費用代の12億4千万円、税金ですよ。生きてる方々が生活苦で困っているのに失礼ですが亡くなった方に12.4億円遣うって、国の上層部に居座る人々が国民生活とかけ離れていても常識はずれと思わない危険性。首相経験者でも現職なら分かるとしても無かったのに国葬ですか?「もう少し質素に」とか「費用を抑えて」とか声が出なかったんですかねぇ。逆に質素に行われたら国民の側から「もう少し金をかけて欲しいよね」という声が出たら『死せる孔明生ける仲達を走らせる』と名を上げたのに本当に残念で重臣たちが本当に馬鹿ばかりなのか。これでは「失われた30年」に納得してしまいます。最後に『3分の1党』を旗揚げして欲しいですよね。市町村議員•県会議員•国会議員という「議員」と名の付く『輩(やから)』は3分の1でいいです。また裏金作りが「嫌疑不十分」で不起訴になる面々も居なくなってくれることが最高の仕事です。最後に『東京地検特捜部』って独立して無くて「なぁなぁ」「ベッタリ」だったのかな?そんな疑問符が付くような近頃の働きが目に付くのは私だけでしょうか?

情報量

2024.07.08 | Category: 院長ブログ

昨日は2名の新患の方が来院されました。少しでも楽に、少しでも早く良くなって欲しいと思って自分でも驚くほど喋る喋る。気が付いたことを恥ずかしいくらい1人で一方的に、質問されて無いのに喋ってます。自分でも分かっているんです、それは駄目だと。相手に受け入れ態勢が確立されて無い、聞く準備が出来て無いのに一方的に。自分の喋りたいことだけを流すのは最悪だって。でも直らないんだよなぁ。新しい方への接し方を見直さないと相手は疲れちゃう筈だから今後は注意します。反省でスタートの一週間。

当院へのアクセス情報

全快堂

所在地〒470-1151 愛知県豊明市前後町鎗ケ名1879-2
電話番号0562-85-5973(電話予約は必ず必要になります)
休診日日曜日(隔週)お休み
院長宮木 謙三